HOME | TRANSISTA-BLOG | 1日10分!スロートレーニングで確実に痩せる!

女性トレーナー在籍のパーソナルトレーニングジム

トランジスタのロゴ

1日10分!スロートレーニングで確実に痩せる!

2018年09月30日

ジムが続かない、時間がない。
そんな忙しい現代人にぴったりなスロートレーニング
その魅力を今回はお届け!

 

 
 
たった10分で筋トレ・ダイエットに効果大!!

 

スロートレーニングとは、その名の通りゆっくりと行うトレーニングの事。
器具やマシンを使い高負荷で行うトレーニングとは異なり、自分の体重(自重)を使いながらゆっくりとした動作で行うトレーニング。
年齢、性別問わずどこでも簡単に行うことができます!

今回は大筋群と呼ばれる「大胸筋・背筋・大腿筋・腹筋」のトレーニング方法をご紹介します。
運動習慣のない方、ダイエットを始めたい方にぴったりなこのスロートレーニングであなたもなりたい身体を手に入れましょう!!



スロートレーニングのポイント

①一回に時間をかけ、回数を少なく

腹筋を 100 回も行う必要はありません!毎日続けるためにも、量よりも質。短時間でできるトレーニングを取り入れましょう。

②常に負荷のかかっている状態で!

少ない回数で確実に効果を出すための大きなポイント。常に緊張状態を保つことにより、通常の筋トレよりも少ない回数で同じ効果が期待できます。

③深くゆっくりとした呼吸

呼吸を止めてしまうと、酸素が体内を巡らず、体脂肪を燃やすスロートレーニングの効果が半減。呼吸に合わせて動作をする意識を持ってみてください。



スロートレーニングの効果

①基礎代謝が上がる

トレーニングで体内の筋肉量が増加すると、基礎代謝(一日中何もしなくても消費するカロリー)が上がります。
同じ生活、運動をしても筋肉量の多い人の方がよりカロリーを消費できます!


②筋肥大が期待できる

スロートレーニングは筋肉を大きくする効果が高いといわれています。常に筋肉を収縮していることにより、誰でも安全にボディメイクができます。



 
レッグレイズ(腹筋)

1. 仰向けになり、膝を 90 度に曲げる
2. 吐きながらゆっくり足を延ばす
3. 伸び切ったら床に着けずに 3 秒ストップ
4. 吸いながら 90 度まで戻す
5.10 回繰り返す

⚠︎ 腰が反らないようにおへそを床に押し付ける


ライト&レフト(背筋)

1. うつ伏せになり、手足を延ばす
2. 吸いながら右手、左足を遠くへ延ばし 5 秒ストップ
3. 吐きながらゆっくり戻す
4. 左右交互に 10



プッシュアップ大胸筋)

1.プランクの姿勢 なり、手を肩幅に広げる
2. 吸いながら胸を床に落とし 5 秒ストップ
3. 吐きながら手のひらで地面を押して戻る
4.10 回繰り返す

⚠︎ 負荷を下げたい場合、膝をついて行っても OK!



ヒップリフト(大臀筋)

1.仰向けで膝を立て、お尻を締める
2.吸いながらゆっくりお尻を高く上げ5秒ストップ
3.吐きながらゆっくり床ギリギリまでお尻を下げる
4.10回繰り返す


回数は、あくまで目安です。

ゆっくり動作を行うと、初めは 10 回が難しいかもしれません。
ただ、身体は確実に強くなり、変化します。

今の自分の限界に、是非挑戦してみて下さい!